2014年1月29日水曜日

ショック!エートス安藤量子氏(本名鎌田陽子氏)が竹野内真理を告訴!


2014年1月28日、福島県いわき南署から連絡あり、以下にある福島エートスリーダーの安東量子氏(本名:鎌田陽子氏)が竹野内真理に対して、告訴したことを告げられました。

On January 28th, 2014, I received a telephone call from Iwaki Minami police office in Fukushima, noticing me that the leader of Fukushima ETHOS Ms. Ryoko Ando (real name is Yoko Kamata) filed a legal complaint against me.

侮辱罪に相当するというツイートは以下です。

Ms. Kamata insists that my following tweet is the subject to "criminal contempt."

Mari
Takenouchi@mariscontactのツイート
世紀の罪人2人に共通項→日本に原発導入した中曽根康弘「2011年の日本がこんなにくたびれているとは思わなかった。」 エートスを主催する(御用)市民活動家、安東量子「戦後67年かけて辿り着いたのが、こんな世界とかや。」長崎の日にて

Mari Takenouchi's tweet  @mariscontact

Common points of the 2 criminals of the century:
 
Yasuhiro Nakasone who introduced nuclear power to Japan
"I've never thought that Japan 2011 could be so worn-out."
 
Ryoko Ando, government sided citizen activist who leads ETHOS "What a world are we getting 67 years after the war" (On the day of Nagasaki)

中曽根康弘氏は、1954年の水爆実験による第五福竜丸の被爆直後、盛り上がる反核運動の中で、「毒を持って毒を制せ」という日米政府の政策の中で、以前から準備していた原子力予算を国会で通過させました。

Mr. Yasuhiro Nakasone passed the nuclear budget at the Diet in 1954, when anti-nuclear movement was mounting after the Lucky Dragon Bikini H-bomb case, under the slogan, "Poison can control other poison."

そして、福島事故後に、自分がそもそも日本に導入した原発のおかげでこれだけの被害が出ているのにも関わらず、まったく自らの責任を顧みない上記のセリフを2011年9月5日のニュースウォッチ9の番組でおっしゃいました。

On September 2011, after the Fukushima nuclear accident, he stated the above in spite of the fact that he was the very person who introduced nuclear power to earthquake prone country like Japan.

また、安東量子氏は、なんと長崎の日に、自らは福島の子供たちの被曝問題を無視して、国際原子力ロビーをバックにした偽りの安全神話をふりまきながら、まるで自分が被害者であるかのような語り口の歌を詠んでいます。

Ms. Ryoko Ando read the above poem of her own on the Day of Nagasaki, in spite of the fact that she is the very person who diseminate false safety myth in Fukushima to encourage people to keep living in contaminated zones.

共通点があると思いました。原発導入と子供たちへの被曝放置という、世にも恐ろしい結末をもたらした行為を自分たちがやっているにもかかわらず、まるで知らんぷりをしている。

I thought these two have something in common.  Though they themselves have been involved in horrendous actions, nuclear power introduction to Japan and scattering radiation safety myth in Fukushima, they pretend that they do not know anything.

核兵器と原発両方の被曝国日本において、私は世紀の罪人というセリフは大げさではないと思います。

I do not think the word, "criminals of the century" is not neccesarily an over reaction in especially a country like Japan, the victim of nuclear weapon and nuclear power.

ツイッター上では、なにかの事件の責任者のことを、彼こそこの問題の「A級戦犯」という物言いは良く行われています。

On twitter, people often use word, "Class A Criminal," when describing someone who has the main responsibility.

国の未来を揺り動かす、原発の過酷事故、そして子供たちの被曝放置の責任者がまったくニュースに取り上げられないことに常々、憤りを感じていました。

I have been always feeling strong resentment that nobody has taken true responsibility after the nuclear accident while lots of children are left being exposed to radiation.

私は、事実に対する自分の意見を含めた上記の発言が、刑法に相当する犯罪である「侮辱罪」に当たるとは、思っていません。

I do not think the above tweet of mine is subject to "criminal contempt."

仮に私の上記のツイートが、そのような刑法上の罪状を言い渡されるならば、中曽根康弘氏と安東量子氏は、もっともっと重い刑罰が科されるべきであると心底思っています。

If it was, I believe Mr. Nakasone and Ms Ando are subject to more serious criminal codes.

いずれにせよ、この件が、より多くの人々に知られることを望んでいます。

In any case, I hope this case would be known to public widely.


**********************************

Ms. Ryoko Ando, the leader of Fukushima ETHOS

"It is important to establish your own standard of radiation safety to achieve your true sense of security."

↑ I really do not understand what she has been saying.
Please relocate children from Fukushima!  It is dangerous to live there.
The truth is as simple as this!



東京新聞もエートスを報道!
Tokyo Newspaper Reported ETHOS on January 1, 2014


以下がエートスの説明です。
The following is my explanation of ETHOS.
http://savekidsjapan.blogspot.jp/search?q=%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9




1 件のコメント:

  1. https://twitter.com/hi_kudo/status/428507426745094144
    ↑奈良学園の工藤博幸も、安東量子氏(本名:鎌田陽子氏)と南相馬のオヤジとグルになって、
    ツイッターで何の関係も無い市民多数に嫌がらせ・ストーカー・脅迫行為を続けています!!
    そして工藤も安藤量子のマネをして、嫌がらせで刑事告発するだのと言っています。
    工藤の嫌がらせですでに警察に相談した方もおられます。

    返信削除